超高濃度ビタミンC療法

「ガン治療」に超高濃度ビタミンC療法が有効

2005年9月、「米国科学アカデミー紀要」という「ネイチャー」誌や「サイエンス」誌と並び権威ある科学誌に以下の内容が掲載されました。

「アスコルビン酸(ビタミンC)は選択的にがん細胞を殺す」
 (過酸化水素を組織に運ぶプロドラックとして作用)

論文を発表した研究者は、米国国立衛生性研究所(NIH)、米国国立がん研究所(NCI)、米国国立医薬品局(FDA)に属する研究者や、ドクター達でした。アスコルビン酸(ビタミンC)はがん細胞で過酸化水素を発生し、がん細胞だけを殺すということを明らかにしました。

アメリカの3大メディアで報道

2006年7月3日 カンザス州の新聞
「ジャーナル・ワールド」
カンザス大学メディカルセンターで卵巣ガン患者へ行っている超高濃度ビタミンC療法が紹介されました。
2006年11月8日 米国ABCニュース 「ガンと戦うビタミンC」という特報番組で、超高濃度ビタミンC療法が放映されました。
2006年11月27日 米国CBSニュース 「ガンをビタミンCで治療しているドクター」という特報番組で超高濃度ビタミンC療法が紹介されました。

既にアメリカでは、3大メディアといわれるABCニュースやCBSニュースでガンに対する新しい治療法として超高濃度ビタミンC療法が放映されました。

「ガン」を予防する。それが超高濃度ビタミンC療法です。

ビタミンCがガン細胞を殺す。

近年、病気を未然に防ぐという「予防医学」が盛んに研究されています。日本で最も死因率が高い「ガン」では、早期発見よりも、いかに「ガン」にならないように予防するかということが重要視されています。現在、さまざまな方法論が考案されていますが、その中でも世界中で注目を浴びているのが、超高濃度ビタミンC点滴療法です。

超高濃度ビタミンC療法は、「ガン」を予防するだけではなく、ガン細胞を死滅させる効果もあるので「副作用のない抗がん剤」としても利用されています。

日本人の3人に1人が「ガン」で亡くなっています。

各疾患による死亡率

平成19年度厚生労働省により、全死亡者数の約110万人に対して、約33万人の方が「ガン」で亡くなっていると報告がありました。現在、日本人の3大死亡原因として第1位が「ガン」、第2位が「心疾患」、第3位が「脳血管疾患」となっており、日本人の3人に1人の方が「ガン」で亡くなっているという衝撃的な内容となりました。

毎年「ガン」の死亡者数は増えつづけています。

ガン死亡による年次推移

毎年「ガン」で亡くなっている方は増加傾向にあり、2008年のガン死亡者数は、1978年のガン死亡者数の約2倍になっています。今後もさらに増えつづけることが 予測され、早急な対策が必要だと言われています。